参列される場合に|セレモニー小峰は東京都日野市の葬儀専門社です。家族葬や一般葬はご相談ください。

多摩動物公園駅近く 葬儀専門社 株式会社セレモニー小峰
経済産業省大臣許可 全葬連

~ 日野市民葬取扱店 ~

もしもの時は24時間いつでもすぐご連絡ください
Tel:042-591-1234
Fax:042-593-6673

参列される場合に

 服装について 

葬儀に参列する場合、洋装・和装を問わず、黒を基調とした地味な服装が好まれます。
女性の方は、夏であっても肌を露出させない服装を選びましょう。また、アクセサリーやバッグ、靴等は光らないものを選び、毛皮素材の着用や華美な服装も避けるのが礼儀です。

突然の訃報により急いで駆けつけなければならない場合、地味な平服(紺やグレーのスーツ等)で問題ありません。逆に、急であるにも関わらず喪服を着ていくと、失礼にあたる場合があるので、注意が必要です。

 弔問・会葬について 

式場の出入り口は、基本的に会場の後方にある場合がほとんどです。
そのため、後方の席から座った場合、通路のあるイス席であれば問題ありませんが、座敷ですと出入り口付近の通り道にまで座り込むことになり、後から来た人が入れなくなってしまうことがあります。

こうした事態を避けるため、係員の誘導に従って奥から順に詰めて座ることが、他の弔問客に対するマナーとなります。

 香典について 

「香典」とは“供養のために香を供えていたこと”に由来しますが、現在では弔問客が弔いのために持ち寄る金銭を意味します。これは故人に対する供物であるとともに、不意の事態に遭遇したご遺族に対する支援という側面もあります。
香典袋や水引(飾り紐)、表書きは、宗旨宗派によって使い分ける必要があるので、気に留めておきましょう。記入には毛筆や筆ペンを用いて、ボールペンやサインペン、万年筆は使用しないのがマナーです。

香典は、お通夜か告別式に持参し、受付にお渡しください。

 焼香の作法 

焼香とは、法要の際に死者を弔うための香を焚くことです。抹香と線香を使う場合があり、その作法は宗派ごとに細かな部分で異なります。

詳しいご焼香の方法については、その場で係の者がご案内いたします。

多摩動物公園駅近く 葬儀専門社 株式会社セレモニー小峰
経済産業省大臣許可 全葬連

~ 日野市民葬取扱店 ~

もしもの時は24時間いつでもすぐご連絡ください
Tel:042-591-1234
Fax:042-593-6673
「日野市 市民葬儀 利用申込書」はこちら
日野市 市民葬儀

↑ページの先頭へ戻る